--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.23

ビジネスデーって何かカッコイイ響きだよね。

そういえば先週末は東京国際アニメフェアでしたね。
まだ時間がなくてステージの模様とか全然レポみれてないのですが、
声優アワードのステージどうだったんだろなぁ。


個人的にはパブリックデーの前二日に行われているビジネスデーが非常に気になります。
公式サイトでイベントスケジュール(リンク)を見たのですが、
"日本アニメ、これからの資金調達 ~真のジャパンクールを目指すために~ ( 東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC) )"、
"北米・海外における日本アニメ業界の現状 ( アニメニュースネットワーク(Anime News Network) )"、
"テレビとアニメ 2009年以降の行方 ( 株式会社アニメアニメジャパン )"
"クランチロール・ワールドアニメチャンネル 世界のインターネット放送の未来 ( クランチロール株式会社 )"
"コンテンツ産業に於ける資金調達 ( ジャパン・デジタル・コンテンツ信託株式会社 )"
"アニメにおけるロケツーリズムの可能性~聖地巡礼と観光資源~ ( ジャパン・ロケーション・マーケット )"
などかなり気になるタイトルのステージが大量に模様されてて、聞きにいってみたかった・・・!
まぁこれ見に行ってどうするんだって話ですが、でも気になる。
特にANNとかクランチロールの人がステージしてるというのが何か面白くて・・・・
クロンチロールは確かに新しい可能性を見出し始めていますしね。
ただリージョン制限はマジでめんどい。イギリスでは夏目が見れないんですけど。
どこの権利にひっかかってるんだろう。これはイギリスで夏目発売フラグとみてもいいのかどうなのか。。。
2009.03.21

やっぱり発売しないのか。

もう何回書いたんだってぐらいドルアーガの塔アニメのサントラ発売を再三このブログでひっそりと要求してきたわけなのですが、
嫌な予感的中といおうか・・・
やはりサントラはアニメDVDの初回限定版に付くだけっぽいですね。(参照
いやサントラが出るだけでも嬉しい、嬉しいよ!でも初回限定版か、、、、
Sword~の第二巻と第三巻に付くみたいです。
ロミジュリはちゃんとサントラ単体で出たのに。
まぁとりあえずこれでドルアーガDVD購入は決定だよ。
2009.03.09

♪春がきて~

また編成期が近づいてまいりましたね。
本当にあっという間だったなぁ・・・
特に今期は個人的にスゴク充実していたように感じます。
どれも終わってほしくない作品ばかりで残念すぎる。
前にも書いたのですが、今年の4月からは銀魂も終わるしアニメ視聴を限ろうと思ってたのに、
まさかの銀魂4年目突入の動揺から未だにちょっと立ち直れてないです(苦笑)


まぁとりあえず銀魂、鋼のとヴァルキリアって所かなぁ。
ぶっちゃけ鋼の~は様子見って感じなのですが。
元々この世界に片足つっこんだきっかけが初代アニメ版ハガレンなので、それなりに思い入れがある作品だけに。。。
原作も大好きですし。
新キャスト陣がどうも腑に落ちないっていうか・・・まぁ見る前からウダウダ言ってられないですが、でもまさかマスタングがロックオンになろうとは。。
女好き的な意味では似てるけど。
いやいや中の人は好きですが、でもイメージと違うなぁ。
だったらホークアイの中の人はそのままでよかったじゃない。
元々ダブルオーは初代ハガレン中の人率が高いですが(水島組)、新FMAはさらにダブルオー率が高けぇ・・・何でだ。
後、白鳥さんはこれで日5作品、完全制覇中ですね。
フュリーさんじゃなくなってちょっと残念だけど、グラトニーは結構楽しみです。


そしてHIMEKAさん、戦場のヴァルキュリアのOP歌手に決定! おめでとうございます☆
公式サイトでのビデオコメントでアリシアコスなHIMEKAさん、可愛かった。
にしても日本語の上達率が半端ない・・・
ほんとにいい人なんだろうなぁ~と個人的に思う出来事がありまして、スゴク応援しております。
ヴァル~は元々ゲーム発売前からトレイラーをPS3ストアでDLしたりしてたぐらいなのに、実はまだ購入してなくて(汗)、なのでどんな感じなのか気になります。
というかもう曲担当が崎元さんならとにかく楽しみだよ。。で、ドルアーガのサントラはいつ発b(ry
2009.03.06

岡崎声が頭から離れない。

いつもの事ながら涙腺クラッシャーだったCLANNAD AS 21話。
予告編見て「え、次回で最終回?!!!」とぶったまげたのですが、
早くねぇ・・?
そういや昨年(第一期)も似たような事、考えていたような、、、
CLANNADは特にあっという間に終わっちゃう気がするなぁ。 構成の妙か。
海外サイトでは「朋也も死んだの?!」と話題になってるんですが、
そういう描写だったっけ・・?


ところで、中村悠一さんの岡崎ボイスが大好きです。
スゴクいいお芝居をされてますよね。
何か今日は一日、岡崎の声が頭の中をグルグルしてました。
美少女ゲーの主人公な上になかなかアクの強いタイプだし、共感を持てなくなる可能性もあるキャラクターが上手く表現されてると思う。
これは声だけじゃなくて演出さんの力も大きいと思いますが、台詞一つひとつがとても強く伝わってくるのは中村さんの本領だと思います。
もう終わってしまうのが本当に残念ですが・・・
2009.03.04

とりあえず竜児に部屋の片づけをしてもらいたい。

ここ最近は毎週CLANNAD&夏目を見る度に涙腺崩壊してたのですが、
ついにとらドラ!でも泣けるようになってきた・・・
疲れてるんだよ、色々と。

大河がだいすきです。
でも竜児はいつだって大本命です。
だからってアーミンもみのりんも放ってはおけません。
北村君が友達に居たら楽しそうです。
地味に春田に癒されてます。

そんな素敵なヤツラばかりのこの作品が面白くないわけがない。
つぅわけで、22話。
前話の衝撃のラストからある意味、夢オチスタートだったわけですが、
やっちゃんが更に好きになりました。
高須家は本当によすぎる。
そんな素敵なご家庭のフレームにおさまる大河は本当に可愛いです。
・・・・何かそう思うだけでホロリとしてしまう。
基本的に自分は告白されても今イチ他人事として受け止めてしまって、どうしていいか分からんタイプな上、ここ数日の諸事情により竜児を見てると切ないです。
とらドラ!キャラは青春してる奴らばかりでホントこそばい。
私はどっちかっつーと一人でのんびりしてたい、ダメ人間なもんで、、、、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。