--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.25

機動戦士ガンダム00 2nd Season ♯20

先週の予告でタイトルを聞いた瞬間、親父ギャグかよ?!とツッコんでしまった今話。
ですが内容はツッコむ暇もなくこれまた切ない展開に・・・・

『アニュー・リターン』


これまでもよくネタで"サブタイに名前が出ると死亡フラグ"(10話のアレルヤ、最終回の刹那など)と話題になってましたが、今回はまさにその通りに。
でもアニューって登場してから実はまだそんなにたってないよね?
メインキャラのほとんどが1stからの継続っていう事を考えると、かなりインパクトのあるキャラだったんだなぁ・・・

リヴァイヴはいわゆるどの組織にも一人は居る”良心”って感じ。それなりに良識人のようです。
「同タイプである僕とアニューは思考をつなぐ事が出来るんです」
という事はやっぱり同タイプでないと思考はつなげないのか。まぁこれまでもそんな描写だったけど。
ただリボンズは何でもアリなんだね、、、

そして
「女なんかに作るから、情に流されたりする」
という事はやはりイノベイターにも性別的価値観はあるって事か。
アニュー=女はまぁ間違いないわけだけど、となるとリヴァイヴは?
そしてティエリアとリジェネの場合は・・・
ますます謎。


20世紀少年を読み終えたばかりなせいで、「艦内システムがウィルスに汚染」と聞いて、
生物兵器の方かと思って"ヤバイよ皆、ガスマスクつけて!"とアセりました(苦笑)
コンピューターウィルスの方だよね、そりゃそうだよね。


今話では地味にMVPな赤ハロ・・というか中の人の本役、マネキン大佐は一体どうなったんだ。
もう行方不明になって結構たちますよね、、、


宣言した通りにアニューを討った刹那に逆ギレロックオンさん。
中盤での刹那との会話での強がった感じとか、この逆ギレとか青臭さがスゴク出てますよね。
と同時に前シリーズからは"ロックオン"と立場が逆になり、達観しつつある刹那。なんだか不思議な感じです。



にしても最近アニメは初見の際は音声のみ(就寝時とか用事しながらとかで)の場合がほとんどなせいで役者さんの演技にばかり気をとられてしまうんですが、
ロックオンの場合、ちゃんとニールとライルが居て、派生地点は一緒なのにベースが違う演技といおうか・・・三木さんスゲェと毎回感心しすぎてあんま寝れないです(苦笑)
他には中村さんのクラナドでの岡崎4年後の演技とか獄・絶望の絵柄タッチが違う糸色先生な神谷さんボイスにここ最近、感動しました。
根本的にキャラは同じなはずなのに、演技が微妙な加減で違うんですよね。
絵があるからこそな部分もやはりありますが。
勉強になります。
この記事へのトラックバックURL
http://ginuk.blog101.fc2.com/tb.php/429-235611ea
この記事へのトラックバック
 もうお姫様でもなんでもないからwだって国家の体制も変わっちゃったし。あ、マリナさんの事ね。貧乏姫とか歌姫とかニート姫とか、もう「...
[ガンダム00]永遠のアニュー 2nd season 第20話 | 世界日本ハムの哀れblog@非公式 at 2009.02.26 12:08
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。