--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.01

JAM Projectライブを見にパリへ行ったよ☆ ~本編

paritabi4.jpg


長いので続きを読むでどうぞ!

個人的には遠ちゃんの『鋼鉄神ジーグ!』が聞けただけでも行ったかいがあったと思いましたよ。
うますぎで「レコーディングの時に一応入れたのに、実際の曲では水木さんになっていた・・」と語っておられたのを覚えていたので。
ってか個人的にSTORMBRINGERが大好きだから、かなりテンション↑↑でノリノリで聞いてたんですけど、私の回りに居た人は知らなさそうな人が多かったなぁ・・苦笑

でも皆すごいの、日本語なのに何で歌えんの?!!
ってぐらいほぼ全ての曲で完璧に歌詞を覚えてて・・でも、やっぱりちょっとカタコトっぽい発音なのがイイなぁ~と思ったりしたり。
後、英語歌詞の曲では、微妙に反応が悪・・ゲホゲホw
日本語だとノリノリなのに。
やっぱりあの国だと
フランス語>>日本語>>>(越えられない壁)>>>>英語
なんだろうなぁ~と。
私も次回までには少しでもフランス語を喋れるようになりたい!


JAMのライブとしてはきっとかなり小さい方に分類されるであろう箱だったけど、
(それでも私が見渡せるかぎりは人ひと人でしたが。観客数はギリ四桁ぐらいかなぁ・・)
その分、メンバー・スタッフ・観客とそれぞれの距離が半端なく近くて興奮が凄かったです。


それと皆スゴイ勢いで写真/ビデオ撮影してて(前列の人とか終始ビデオ撮ってた)
「え、いいの?アリなの??」と困惑しつつ私もちょこっと便乗(コラ
色々と法律的な意味でアウトっぽいけど・・汗
それと写真撮影し始めちゃうとそっちに気をとられてライブを素直に楽しめないし、
フラッシュたいちゃうと舞台の上の人に迷惑だから嫌なんですが・・・
が、すいません。何度かあやまってフラッシュが発光されてました。もうorz...

↑の動画はそんな中チロチロッと撮った物を繋げたのです。
フランスの皆さんの本気のウィーアー!とCHA-LA HEAD-CHA-LAが聴き所かと。

それとウテナ大人気。
メンバーそれぞれが一曲づつソロで歌う所での奥井さんの歌紹介で
ウテナって単語が出ただけで皆、めっちゃ盛り上がってました。


そしてラスト、影山さんの「最後に何が聞きたい?!」に対してまさかのGONGコール。
ちゃんとSKILL!SKILL!って必死に訂正しようとしてる人達(笑)もたくさん居ましたが、GONGコールが圧勝。
そんな中、オイラは空気を全く読まずひっそりと「RISING FORCE!」と叫んでおきました。
とりあえず自分が好きな曲のコールをしておきたかったのさ。
そんなまさかのイレギュラー事態に「GONG出せる?」とエンジニアーさんに呼びかけ困惑するJAM面子。
ちょっとワタワタしてしまい、"GONGはやっぱ無理なのか・・"という空気が流れた所での
影山さんの「Gong has gone.」発言が最高にツボったんですが、
回りのキョトーンとした雰囲気が忘れられない。
最強の親父ギャグ いやぁ、こうゆう発言大好きなんだわ。
惜しまれるべくは、そこが英語圏じゃなかった所か・・・・

そして無事GONGも終わり、アンコールでついにSKILL。
思わずうますぎ50回記念でのMOSSO MOSSO!が頭をよぎって危うくそっちを叫びそうになったのは秘密だZ。


・・・何か曲目とかにも触れず、ホントに個人的なメモレポになっちゃいましたが、
ほんっとうに楽しかったです。
まだちょっと観客全員がはじきれてない部分もあった気はなきにしれず、
でもきっとこれでみんな要領が分かったから次回はもっとスゴイ事になるんでしょうね。
後、私自身としてはフランス語が分からないんで、MCさんの呼びかけにノリきれず困った。
何か申し訳ない。
いやぁでも思い切って行ってよかったです。
経費に関しては・・あまり考えたくないですが(苦笑)、でもまぁユース料金で電車取れたし、
ぶっちゃけ合計金額だけみれば、ゴゴゴFESへ行った時と大して変わらない程度だったような。
弾丸でパリとか今のうちにしか出来ないですしね。若いうちにやれる事はやっとけ!て事ですよ。
JAM Project&スタッフの皆様は勿論、道中助けてくれたフランス人の方々にはもう本当に感謝。
満面の笑みで「メルシィ!」て言えた事が嬉しいです。
この記事へのトラックバックURL
http://ginuk.blog101.fc2.com/tb.php/334-3ee6d16d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。