--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.21

Osamu Tezuka: Movies into Manga

前に書いたJapanimation(参照)をやってるBarbican Centreでついに始まりました手塚治虫シーズン!!(公式ページ
600_ext1_tezuka_season_e1.jpg
今秋から始まったJAPAN-UK150周年の皮切りイベントの一つとして、
木曜にスタート。
最初のスクリーニングは手塚さんのショートフィルム色々だったのですが、上映前にこのイベントを担当したHelen McCarthyさんや日本の大使さんなどがスピーチしてました。

ショートフィルムの方は「ある街角の物語」とか「展覧会の絵」などの良作たっぷりでワクワクだったス。
涼宮ハルヒの公式本でちょろっと話題に出てた「ジャンピング」も見れて感激!
この作品、映画館で見るのは高所恐怖症の人にはかなりギリギリだろうなぁ~(苦笑)
どの映画もそうなんですけど、いたる所に思わずニヤリとしてしまうシュールな笑いが入ってて英国人にも通じるブラックヒューモアセンスだな、と思いました(あれ、作文?)


今ん所、木・金・土の上映ほぼ皆勤賞でもう一日にどんだけあの映画館に居るんだよ(土曜は完全に終日でした)
って感じで今日(日曜)もこれから(現在朝9時)出て夜まで居る予定です・・・・
だって7本以上いっぺんにチケット買ったら安くなるっていうから。。
楽しいよ?手塚作品見るのは。楽しい、楽しいんだけども、そろそろ何か全く違うもn(ry汗
家に帰ってきてからはひたすらおお振りDVD回してます。


そういや鉄腕アトムの映画版では字幕をつける事が出来なかったそうで、
生で吹き替えるという偉業を成し遂げてました、一人の方が。
だからアトムもウランちゃんもお茶の水博士も宇宙人も、もれなく同じ声ですよ(笑
ついでにテーマ曲も・・・・
で、たまに咳が入るわけですが。
色々スゴかった。お疲れ様です。
「僕だよ、レバーだよ。」は映画史に残るセリフだと思うんだけど、どうだろうw
この記事へのトラックバックURL
http://ginuk.blog101.fc2.com/tb.php/285-9cc7331d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。