--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.17

リストランテ・パラディーゾ 第5話

『オルシーニの味』

卒論ラッシュでアニメ視聴停滞していた中で、毎週ちゃんと観てるのが
APヘタリアとこの作品だけだった件・・・苦笑
その時の精神状態に関わらずサクッと見れるのがいいんだと思う。
特にパラディーゾはお話の中で時間の流れがゆるやかだから、ほわわんとしてくる。
後、ご飯がおいしそう(本音)

第5話はジジのお当番回。
ジジいいよジジ。
常にモグモグしてるイメージの彼ですが、やっとちゃんと喋った!と思ったらとてもツボなお声で反則だ!と思いました(何が
オーナーと実は異父兄弟だった事が判明した彼ですが、いわゆるグループに一人は居てほしい観察力に優れたかっこいいお方。
自分の中で理想のおじさまナンバー1に躍り出てきました(笑
前期の黒執事、伯爵と妖精とかイギリス素敵☆なアニメ群に引き続き、今度はイタリアに激しく行きたくなる作品だと思う。
スポンサーサイト
2009.05.17

ユーロヴィジョン・コンテスト観てました。

卒論提出してついに大学全修了たので、溜まってたブログネタもちょくちょく消化していきたいです。


ところで今日はEurovisionの決勝(参照:ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2009@Wiki)を、
イタリア人・セネガル人(フランス在住)・ギリシャ人・日本人(私)
という何とも言えない国籍ミックスで観ました。楽しかったよ。

ユーロヴィジョンは歌コンテストだけど投票の部分で、政治的及び歴史・地理的な部分がからむので、ヨーロッパの現在情勢を知るのにとても勉強になります(笑
特にAPヘタリアにハマってる身としてはかなり面白かった。
フィンランドの国民投票で一位なのがエストニアだったり・・・
でも今年から審査制度が変わったせいか、例年ほど政治的な結果にならんかったかも。
アンドリュー・ロイド・ウェバーというチートを使用したイギリス(U.K.)は5位でした。イギリスにしては大健闘かと。
でもって、ノルウェー代表の人が明らかに実写版イギリス(眉毛的な意味で)でした、本当にありg(ry
alexander rybak
ちなみにこのAlexander Rybakさん、作詞・作曲・ヴァイオリンも自身でされたそうで。
結局、大会史上最高得点で優勝を飾られました。
2位との点差が2倍ぐらいあった。

眉毛人気パネェ(違う


とりあえずギリシャがトップ5に居なくて、友達が凹んでました。
ギリシャではユーロヴィジョン大人気らしい。実際会場の映像でもあの青と白の国旗がそこらかしこに舞ってた。


それと「これから投票開始!」の合図がスペース・ステーションとの中継で何と、若田さんがコールしてました。
ちなみに回りは「・・誰?」状態の中「若田さんだ、スゲー!」と一人盛り上がった日本人がここに。

Posted at 02:21 | 日常的 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。