--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.21

ドルアーガの塔-the Sword of URUK- 第7話

クラナド→ドルアーガとタイトルしりとりで(いやそれは偶然だけど)はしご鑑賞したのですが、両方とも涙腺クラッシャーでした。
まぁここ最近のクラナドはずっとそうだけど・・・


『常春の館』

アーメイ!!
予告映像でも話題になってましたが、回想とかじゃなくてまさかの本人登場。
彼女を見た瞬間にクーパが抱きつくシーンでもう、ウルウルきてました。
第一期のパーティーはホント、”一家”って感じだったよね。。
そして途中から「もしや、いやでもまさか、石田さんが・・?!」とドキドキが止まらなくなり始めた辺りで、カリーも登場。
ウワー、もうなんだこの気持ち。
アーメイもカリーも素敵キャラすぎるよ、、、なぜ殺したし。
そして明らかにただのかませ犬キャラスタートだったウラーゴンにも少しづつ変化が・・・
クムのお姉さん。お姉さんなのに年下とか新ジャンル確定すぎるよ。
そんなクムはここでリタイヤ。一期からの連投だったし、今期ではウラーゴンとのバランスの良さが光っていただけに残念。
だけど、ここで前に進むかとどまるのか、それとも何かを見つけるのか、、
それぞれのキャラが人としての生き方を体現する為には必要だったのかな。
後、もうそろそろキャラを絞っていかないと、シナリオをまとめきれないのかもしれない。。。
ホントでもキャラクターそれぞれの心情の変化の描かれ方が上手いよなぁ、この作品。


その一方、先週で怪しい動きを見せ始めたヘナロに衝撃の事実が判明。
まさかアイツの娘さんだったとは・・・しかも色々、複雑な関係なようで。
ただの巻き込まれ型の天然不幸キャラかと思いきや。予言されてた裏切りの一つってこれか。
あーやっぱDVD揃えたいなぁ、この作品。。。


ところでモンスターデザインにFF12にも参加しておられた皆葉英夫さんがおられますよね(いやもっと色々と紹介すべきお仕事もされてるんですが)
一話のOP見た時からスゴイ気になってたんですが、先週やっとご本人の会社サイトを覗いて確認しました。
で、サントラはいつ発売なんですか、、、(毎週言ってる?気のせいだよ、きっと。)
スポンサーサイト
2009.02.21

20世紀少年<第一章>

『終わりの始まり』

ついにロンドンでも公開されました~!
ICAで3週間だけなのですけど(それでも人気だから一週間追加されたらしいです)。
某大学のアニメサークルの人たちに誘われて、公開日に観に行ってきました。
いやー、面白かったです。
浦沢さんの作品はどれもスゴク評判いいし面白そうなのに、まだ読んだ事なくて・・
(YAWARA!アニメで育った世代だしね)
でも20世紀少年は次回帰国時に大人買いしてしまいそうです。
つぅか続きが気になる・・・・!!!!
今すぐ日本に帰って第二章を観たい。
ってか去年の夏の公開時に日本に居たのに観に行かなかったのがくやしい。


映像がとにかくスゴかった。
流石といえばそれまでなのですが、ショットひとつひとつの計算づくされ方に感動でした。
年をめされた方の刑事さんが喫茶店であの話をしてる時に、植物で口元が隠れてたりだとか、、
細かい所にゾクゾクしました。
後、お芝居もよかったです。
他にも色々と思う所があったのですが、
帰ってくる途中で風邪をひいてしまったらしく(苦笑)、ちょっとキツイんでとりあえず寝ます。
思わずこの作品のウィキを見てしまい、ちょっとしたネタバレをくらって精神的なダメージも、、w



そういやこのICA、昨日まではトウキョウソナタが上映されてたらしいです。
香川照之さんづくしだなぁ、、そっちも見たかったよ。。
Posted at 00:21 | 日常的 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。